• TOPページ
  • >>
  • 点検・調査
  • >>
  • 特定建築物定期調査(12条点検)にもドローンを

特定建築物定期調査(12条点検)にもドローンを

特定建築物定期調査

建築基準法第12条により、特定建築物定期調査において竣工後10年を超える建築物の外壁全面調査が義務化されました。(12条点検)

外壁調査は打診棒などで外壁を打診し、その打音の高低を調査員が判断し、タイルなどの壁面の浮きの有無を調査診断する「打診法」が一般的ですが、足場やゴンドラなどが必要なため仮設費用などが診断費以上に掛かってしまいます。

ドローンによる赤外線サーモグラフィでの調査なら、打診法に比べ低コスト・短時間・安全に外壁調査診断を行うことが可能です。そして、大規模な設備が不要で、かつ離れた空中から行うため、建物のテナント・居住者様への負担やストレスなども最小限に抑えることができます。

従来の赤外線調査では、赤外線サーモグラフィーカメラで地上から外壁を撮影する方法で実施していました。しかし、地上からの撮影のため大きな建物は上部が撮影できなかったり、張り出した部分の上部などの部分は調査ができませんでした。

ドローンによる撮影ならば建物に対して水平方向や上部からの撮影が可能となり、より正確にスピーディーに広範囲の調査診断が行えます。

(株)トミックでは1級建築士、特定建築物調査員資格者が在籍していますので、専門家の目線でしっかり調査診断を行います

ご相談・お見積り無料! 現場のプロがご対応致します!!

055-973-2056
営業時間: 8:30~17:00 (電話対応 8:30~16:00)
定休日: 日曜日
メールでのご相談はコチラから
Copyright(c) 2022 株式会社トミック All Rights Reserved.