ドローン赤外線外壁調査診断

ドローン赤外線調査診断とは?

低コスト・短時間・安全に建物を調査診断。居住者様への負担を従来工法より大幅に削減。

従来の外壁調査診断は、作業用足場を設置して打診棒などで壁面全体を打診することでタイルなどの浮き部を調査する「打診調査」が一般的に行われてきました。

この打診調査はしっかりとした作業用足場やブランコ・ゴンドラなどを必要とするため、多大な費用や時間が必要となってしまい、ビルやマンションのオーナー様への大きな負担となっていました。

このような従来の問題点を解決すべく、ドローン×赤外線カメラでの外壁調査診断を行っています。

1.ドローン赤外線外壁調査診断のメリット

①短時間

足場の設置が不要なため短い時間で効率良く調査が行えます。

②安心

テストハンマーを使用しないため、騒音や作業員の影など建物の中の人に不快な思いをさせません。

③安全

人が高い所に上がる必要がありません。

④低コスト

足場・ゴンドラを設置しないので仮設費、人件費ともに大幅に削減できます。

 

 

Copyright(c) 2022 株式会社トミック All Rights Reserved.